FC加盟オーナー募集

FC加盟オーナー募集

どこにも真似のできない
「こってりスープ」で成功をつかむ!

天下一品が選ばれる
6つの理由

天下一品は京都北白川発祥の中華そば専門店。唯一無二のブランド力で多くのお客様に愛され、
FCビジネスをお考えの事業主様からも根強いご支持をいただいています。

  • 圧倒的な商品力

    理由1

    鶏がらと十数種類の野菜などで作られる「天下一品こってり」は、どこにも
    真似のできない味わい。天下一品の代名詞とも言えます。
  • 圧倒的な商品力
  • 安定した食材の供給

    理由2

    スープはもちろん、調理が簡単で安定した品質のPB商品も豊富にラインアップ。
    独自の配送ルートで食材を供給します。
  • 安定した食材の供給
  • キャンペーンによる集客力

    理由3

    「天下一品祭り」に代表される全店舗共通のキャンペーンのほか、再来店を促す
    「スタンプカードキャンペーン」による販促実績があります。
  • キャンペーンによる集客力
  • 創業50年の実績

    理由4

    京都市の北白川の地で、昭和46年(1971年)に屋台としてスタートした天下一品。
    おかげさまで令和3年(2021年)に創業50年を迎えました。
  • 創業50年の実績
  • メディアによる発信力

    理由5

    地上波放送や劇場公開作品、他企業様とのタイアップ企画などメディア展開を行うほか、
    SNSも含めて発信の場を広げています。
  • メディアによる発信力
  • 220店舗を超える全国ネットワーク

    理由6

    全国220店舗以上を展開中の天下一品。
    これからもますます拡大していきます。

    一覧はこちら

  • 220店舗を超える全国ネットワーク

主力商品

誰にも真似のできないスープ「天下一品こってり」の伝統を守りつつ、
常に新しい挑戦を忘れず、時代のニーズを捉えた商品をご提案いたします。

  • 天下一品こってり
  • 天下一品こってり

    鶏がらをじっくりと炊き出し、十数種類の野菜などを用いる
    濃厚なスープは天下一品の傑作。
    こってりとした口当たりながらも、後味はすっきりしています。

  • 天下一品あっさり
  • 天下一品あっさり

    鶏がらや野菜などを煮込んでつくる透明感のあるスープ。
    コクと旨味を追求した「天下一品あっさり」もまた、
    天下一品ブランドを支える人気商品です。

  • 天下一品屋台の味
  • 天下一品屋台の味

    昭和48年当時の屋台の味。
    「天下一品こってり」の前身とも言えるスープをイメージしました。
    「天下一品こってり」と「天下一品あっさり」の中間味です。

  • 天下一品屋台の味
  • 味噌ラーメン

    北海道の「赤味噌」と愛知県の「豆味噌」をブレンドし、
    天下一品のスープと融合させた一品。
    スープに自信があるからこそ、具材はシンプルに仕上げました。

テイクアウト&デリバリー

  • 天下一品屋台の味
  • 家麺

    「家で作る 家で食べる」をコンセプトにした「家麺」。
    天下一品のラーメンがお鍋ひとつで簡単に調理ができます。ご自宅でも、美味しく、そして手軽にラーメンをお召し上がりいただけるよう、商品開発いたしました。
    テイクアウト、デリバリーにて販売しております。

  • レンチンラーメン
  • レンチンラーメン

    麺をスープが入った容器に入れ、電子レンジ(700W)で約60秒加熱するだけのレンチンラーメン。チャーシュー・メンマ・ねぎのトッピングも付いて、お店の味により近いラーメンが手軽にお召し上がりいただけます。
    テイクアウト、デリバリーにて販売中。

デリバリーサービス拡大中。より身近に。より便利に。

  • Uber eats

  • demaecan

万全のサポート体制

未経験でも安心。開店まで一から丁寧にサポートいたします。

  • STEP1
  • 加盟申込
  • 「加盟申込専用フォーム」に必要事項を入力し、お申し込みください。
  • STEP2
  • 面談
  • 加盟お申し込み後、審査のうえ、面談の日程等をご連絡いたします。

    【面談場所】
    本社工場(滋賀県大津市)東京事務所(東京都中野区)西日本統括事務所(広島県広島市)
  • STEP3
  • 店舗調査
  • 次の条件を満たす希望物件をご提示ください。
    ※既存店と商圏が重複しないことが条件となります。

    【市街地型店舗の目安】
    主要駅前、繁華街エリア、面積20坪以上
    【郊外型店舗の目安】
    主要な生活道路沿い、面積45坪以上、駐車場25台以上
    ※原則として、物件の斡旋は行っておりません。 ※現地調査費用をご負担いただきます。
  • STEP4
  • 査定・通知
  • 全体計画の査定結果にもとづき、加盟店開店の可否を決定、ご通知いたします。

  • STEP5
  • 加盟契約
  • おめでとうございます。
    フランチャイズ加盟店契約を締結いたします。

  • STEP6
  • 研 修
  • 調理・営業に関するノウハウを習得いただきます。
    【研修費用】 不要
    【研修内容】 直営店(東京・京都・滋賀・広島)にて、60〜90日の研修を2〜3名履修することが必要となります。

    ※研修者の宿泊費・交通費・給与等はご負担いただきます。

  • STEP7
  • 店舗設計施工
  • 天下一品のイメージに沿った店舗設計〜施工を進めていただきます。天下一品グループ株式会社アドバンフーズにて、店舗の設計・施工を行います。

    ※内外装工事、厨房機器設備工事、看板工事等
    ※物件の形態(居抜き、スケルトン、新築)により、工事費用が異なります。

  • STEP8
  • 開 店
  • オープン前後3日間、スーパーバイザーが店舗にて、接客・事務作業までアドバイス・サポートを行います。

開業プラン(収支モデル)

開業に必要な資金や開店後の収支シミュレーションの目安をお伝えします。

坪数20坪 市街地店舗

  • 市街地店舗
  • 市街地店舗

坪数75坪 郊外型店舗

  • 郊外型店舗
  • 郊外型店舗

※開業資金は、物件の形態により金額が異なります。
※別途、 宣伝広告費 (25,000~27,000 円) が必要です。

オーナー様の声・成功事例

天下一品の大切なビジネスパートナー、FCオーナー様のお声をご紹介します。

owner`s voice有限会社 なにわフードサービス代表取締役 小原 潤一

  • 有限会社 なにわフードサービス
  • ほかでは真似のできない味に惚れ込んで。

    天下一品のラーメンに初めて出会ったのは30数年前。こってりスープに強い衝撃を受け、その後、2度3度と食べるほどに、奥深い味に魅了されていきました。やがて「どこにもないこの味をもっと多くの方に広めたい」という想いが強まり、京都の本部に出向いたのです。29歳で不動産業界から転身・開業した私にとって、飲食業界は全く未経験からのスタートでした。
    1996年、大阪市福島区に記念すべき第一号店を出店し、その後も大阪市内を中心に出店を続け、現在11店を経営しております。

  • 10年経とうが30年経とうが、必ず残る商品力。
  • 10年経とうが30年経とうが、必ず残る商品力。

    何と言っても「天下一品」の魅力は、ほかには真似のできない商品力。これから先、どんなラーメン店が来ようと、つけ麺店が来ようと、どこにも負けないオリジナリティーがあります。「天下一品は今後10年経とうが30年経とうが必ず残る」と、これだけは自信を持って言えます。

owner`s voice 02ディックス・エイチシーズ株式会社代表取締役 仲田 洵

  • ディックス・エイチシーズ株式会社
  • 売上・利益・安定性のバランスが取れる事業。

    弊社が「天下一品」のFC事業を始めたのは2015年。もともと建設業を営んでいた弊社では、その当時、収益構造の改善・安定的な事業スタイルの確立が最優先の経営課題でした。
    様々な新事業を検討している中で、売上・利益・安定性のバランスが取れる事業として思い至ったのが「天下一品」。どの店もお客様で賑わっていて、一度食べたらまた無性に食べたくなる強い商品力、お客様の心をつかんで離さないブランド力・・・、「これだ」と決意しました。

    FC運営をしているからこそ実際に思うこと。

    出店までには様々なハードルがありましたが、1番は初期投資が数千万円かかることでした。何度も資金シミュレーションを行い、事業として成り立つと結論。その後、5年間で7店舗を出店し、弊社に欠かせない柱となりました。現在、私が実感しているのは「FCとして始められる事業として、これほど高い商品力・ブランド力でお客様に愛されているものは、なかなかない」ということです。

owner`s voice 03株式会社 フェアリーリング代表取締役 江田 利弘

  • 株式会社 フェアリーリング
  • 不景気でも収益が出せる味。未来に希望が持てる店。

    焼鳥屋数店舗を運営していた弊社は、新型コロナウイルスの影響で倒産の危機に見舞われました。
    そんな弊社が天下一品のFC契約を決意した理由は大きく3つあります。
    1つ目は、私自身が30年前に初めて食べて以来、こってりラーメンの大ファンであること。2つ目は、世界に1つしかない唯一無二のラーメンであること。3つ目は圧倒的な知名度です。
    木村社長をはじめ本部の皆様からご支援・ご協力をいただき、2020年10月、東京都品川区に念願であった「天下一品 青物横丁店」を開店することができました。

    絶望から希望へ。

    現在、2号店目の出店という新たな目標を社員と共有しています。1年前のあの絶望を希望へ変えることができました。全ては天下一品グループの皆様のお陰です。
    これからも「必要とされ」「愛される」お店をつくることで、皆様のご恩に報いてまいります。感謝!

加盟申込専用フォーム